ノーベル賞2018年(生理学賞編)

投稿日:2018年11月26日 投稿者:ジミー


本日は、日本ではおなじみのノーベル生理学賞のご案内です。
昨年の“概日リズムを制御する分子メカニズムの発見”から、我々の生死にかかわる
“がんに対する新しい免疫療法の発見”
としてジェームスP.アリソン博士と本庶佐博士に送られました。
https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2018/summary

<がんに対する新しい免疫療法とは>
アリソン博士と本庶博士が発見したのは、免疫にブレーキをかけるタンパク質のメカニズムとなります。
アリソン博士は、”CTLA-4”を、本庶博士は”PD-1”というタンパク質がともに免疫にブレーキをかけていることを突き止め、それらのブレーキを外す薬剤を開発しました。
アリソン博士: CTLA-4の免疫チェックポイント阻害剤 ⇒ イプリムマブ。
本庶博士  : PD-1の免疫チェックポイント阻害剤 ⇒ ニボルマブ。

下の図は、CTLA-4とPD-1が免疫細胞にブレーキをかけていることを示す図となります。
1.がん細胞は免疫細胞を活性化させるAPCにブレーキをかけます。
2.このとき、CTLA-4とPD-1という異なるたんぱく質がブレーキとして作用します。

下の図は、薬剤がCTLA-4やPD-1に作用する様子を示します。
T細胞のブレーキを外す以下の薬剤はCTLA-4やPD-1の作用を阻害し、T細胞はがん細胞への攻撃を再開します。
アリソン博士:CTLA-4の免疫チェックポイント阻害剤 ⇒ イプリムマブ
本庶博士:PD-1の免疫チェックポイント阻害剤 ⇒ ニボルマブ

<実際の治療結果>
報道でも伝えられている通り、治療の効果があるのは一部の患者に限られますが、効果のある患者さんには対しては強力な効果を及ぼす為、今では、がんの適用範囲が拡大しています。例えば、ニボルマブは皮膚がんの一種のみの適用だったのですが肺がんや腎細胞がんなど7種類まで広がっているそうです。
また、PD-1とCTLA-4が免疫細胞にブレーキをかけるメカニズムは異なるためニボルマブとイピリムマブを併用することでさらに高い治療効果を得られることも分かってきているそうです。
今後、新しいがんの治療療法として頼もしい限りですね!